借金に困ったときの切り札

レディ

完済時期の見通しの立たない多額の借金を抱えている状態は、人生にとって多大なデメリットとなります。弁護士や司法書士に相談をすれば具体的な解決法がわかるので、まずは相談してから今後の対策を考えるのがおすすめです。債務整理は無理のない範囲まで債務を減額できるので、人生の再スタートに役立ちます。

詳しく見る

各種手続きの魅力

電卓

高金利で借金していた場合は、過払い金請求や任意整理によって弁済時期を早めることが可能です。裁判所を通す民事再生や自己破産は債権者に大して強制力があり、債務の大幅な減額も不可能ではないという点が魅力です。

詳しく見る

それぞれで方法が異なる

男性

債務整理にはいくつかの種類があり、それぞれで申込先が異なります。自己破産や個人再生を行うときは裁判所に手続きの申し込みをします。任意整理の時は、各金融機関に申し込みをします。弁護士に依頼をすると、それ以降弁護士が間に入ってくれます。

詳しく見る

事務所はどう選ぶ

財布

債務整理を依頼する法律事務所は、得意ジャンルなのか否かという点が大切です。ホームページで債務整理を大きく扱っているところが良く、無料相談時には弁護士の人柄を見て、料金体系についてもしっかりと説明してもらいます。

詳しく見る

弁護士の心強いサポート

説明

自己破産や個人再生は裁判制度を利用する債務整理のため、多種類の書類を集めたり作成したりして提出する必要があります。弁護士は書類作成のサポートや個人再生委員や破産審尋との面談でのアドバイスなどをくれるので心強いです。

詳しく見る

借金での法律家の活用

貯金箱

用いられる種類と特徴

借金は自分の信用度を表します。例えば、借入申込で10万円までの稟議が通れば10万円、100万円となれば100万円までは貸しても問題がないと信用されます。一方、状況の変化などで返済ができなくなるケースもあり、この場合、債務整理をすることで解決をすることができます。債務整理は自分でも行うことができますが、煩雑さが伴うことや、場合によっては法律的知識が必要になることもあり、適した方法として弁護士等への依頼があります。債務額によっては司法書士を活用することもでき、書類のみを依頼することもできます。債務の問題には4つの解決方法があり、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産が該当します。このうち裁判所を用いて行うのが特定調停以下3つの方法になり、決められた内容は債務名義、いわゆる判決と同等の効力を持ちます。任意整理は当事者間の話合いによって決着を図ります。ポイントは、公正証書化でもしなければ法的拘束力を持たないことがあり、決定内容が履行できなければ債権者による提訴に移行します。特定調停は、同じ話合いでも裁判所を活用して行います。調停委員が付くことで手続きは進められ、ここで決められた内容には法的拘束力が与えられます。民事再生は個人再生として活用されています。この方法は、例えば住宅を手放さずに債務整理をすることができ、原則3年以内の返済や借金額5,000万円以下を条件に利用できます。大幅な元本免除が可能なために、債務者にとっても大きなメリットがあります。4つめになる自己破産は、債務整理の中でも最終手段になります。自己破産は法的にすべての借金をなくすことができ、一定期間クレジットカードが作れないなどの制約はあるものの、ほとんどデメリットがありません。但し、無くならないものもあり、税金や損害賠償金、給与などが該当します。