それぞれで方法が異なる

男性

裁判所か金融機関に直接か

借金が多くなる人の借方として多重債務があります。返済のための借入をするため、どんどん利息が膨らんで返済が難しくなります。法的手続きとして債務整理があり、借金をゼロにしてくれたり、大きく減免してくれる方法、利息の免除などが受けられる方法などがあります。それぞれ借りた本人が自分でも行えますが、法的な手続きが必要なため法律事務所に依頼することが多くなります。債務整理に強い法律事務所に依頼する必要があります。一口に債務整理といってもいくつかの種類があります。借金をゼロにしてくれるのが自己破産で、この方法を取るには裁判所に申し込む必要があります。裁判所で自己破産が決まると、金融機関はそれに応じて債務の放棄をしなければいけません。裁判所の方から免責の通知などが送られ、借金はなくなります。同じように裁判所を通じて行うのが個人再生です。裁判所側の再生委員と債権者などが話し合い、借金を大きく減らして返済する再生計画が決議されます。債務整理の中には裁判所を利用しない方法もあります。任意整理では、各金融機関と直接交渉をして返済できる方法を交渉します。利息の免除であったり返済期間の延長などを書く金融機関に申込、それらに応じてくれればそれぞれの金融機関への返済を行います。返済をするときは本人が直接金融機関に行うのではなく、弁護士を通じて行います。どの方法でも一旦弁護士に依頼をすると、本人は金融機関と直接交渉をする必要がなくなります。取り立てもなくなります。