借金に困ったときの切り札

レディ

返済できない借金はプロに

借金返済が極めて困難なときに弁護士や司法書士などの士業に相談し、無理のないレベルまで借金を圧縮・返済猶予をする手続きを債務整理と言います。任意整理・民事再生・自己破産の3種類がありますが、過払い金請求も債務整理に含めることがあります。いずれの方法も受任通知後は速やかに取立て・支払いをストップできるので、当月分の返済が厳しい状況でも対応可能です。長期にわたって延滞している借金を通常の返済ペースに戻すのは容易ではないため、1ヶ月以上の延滞をしている方も専門家に相談する必要があるでしょう。債務整理の相談は原則無料のところが多いので、まずは相談をしてから今後のことを考えていくのが得策です。相談すればいくつかの解決法を提案されるので、その中から適切な方法を選んで依頼すればOKです。債務整理の方法を決定するのは債務者なので、自分にとって無理のない程度まで借金を圧縮できる方法を選んでください。債務整理と言えば返済不能な借金を解決する方法だと認識されていますが、利息の支払いしかできない、完済時期のめどが立たないといった状況でも検討する必要があります。いつ完済できるかわからない借金を抱えている状態は大変なストレスですし、結婚や住居の購入といった人生の一大イベントに大きな支障を及ぼしてしまいます。キャッシングやカードローンなら3年以内で完済するめどが立たないなら、弁護士や司法書士に相談してみるとよいです。債務整理は費用対効果が高く、支払いする報酬以上に借金を減らすことができます。