各種手続きの魅力

電卓

借金救済の方法

借金で首が回らない状況に陥っている人を救済するための手続きが、債務整理です。その方法には、過払い金請求と任意整理、民事再生、そして自己破産があります。過払い金があるかもしれないのは、金利20%を超える金利で借りていた人の場合です。払い過ぎていた場合は借金が減ったり、なくなったり、返ってきたりします。債務整理でも過払い金があれば請求しますが、重点は将来利息のカットです。将来発生するはずの利息がなくなることによって、元本の返済が早く終わるというメリットがあります。また多重債務で債務総額がはっきりし、弁済計画がきっちり立てられることで、生活しやすくなる可能性もあるでしょう。専門家に依頼せずに自分で手続きする場合は、裁判所に介入してもらう特定調停を利用するのも一つの方法です。内容は、任意整理とほとんど変わりません。民事再生は、引き直し計算して減額された後も、さらに減額が可能な方法です。減額率は債務額によって差が出るものの、10分の1まで減額できたケースも見られます。それに加えて、裁判所手続きのため、債権者に対して強制力が発揮されます。それから、収入から毎月返済していく余力がない人の最終手段といえる債務整理が、自己破産です。税金などを除いて、全債務を免除してもらえるというのが最大の魅力といえます。個人再生同様裁判所が指揮を取る手続きのため、任意整理ほどスピーディではないものの、一定期間内でほぼ必ず解決できるという点も安心です。